【2019年最新クーポン付】ポケットチェンジのレート・手数料・設置場所・両替方法

2019年5月3日

【2019年最新クーポンコードは下で紹介しています】

硬貨も換金できるようになったと評判の「ポケットチェンジ」というサービス。
前々から気になっていたのですが、今回韓国旅行で使いきれなかったウォンが余ったので両替をしてみました。ほかの通貨も両替できますよ!
実際の使用感とレート・優遇クーポン情報・手数料・設置場所などについてご紹介します。

優遇クーポンコード

↓レートが良くなる優遇クーポンコードはこちら!↓

9975813

ポケットチェンジを使い慣れている方はこちらのクーポンコードで、さらにお得に両替ができますよ。
クーポンコードの入力方法は下でご紹介しています。

ポケットチェンジとは

海外旅行で余ったウォン・米ドル・ユーロ・中国元などの外貨を日本の交通系電子マネーをはじめ、様々な電子マネーやAmazonギフトなどに両替することができます。

同様のサービスはほかにもいろいろありますが、ポケットチェンジ独自のサービスとして、紙幣だけでなく硬貨の換金も対応しています。(一部通貨)

海外で普段使っていない外貨の小銭を使うのは慣れてないと大変なこと。
レジの前で焦って、硬貨を出せずお札で支払ったりすることってありませんか?

僕はよくあります。

で、帰国直前に空港のコンビニや自動販売機である程度使う。
買い物をする分、現地での貴重な時間も無駄にしてしまいますよね。
そして結局ちょっと余っちゃうんですよね。

それで余ってしまった小銭が家にゴロゴロしています。
旅の記念になるので持っておくのもいいんですけどね笑

そんなゴロゴロしている硬貨を有効活用できるようになったのが、このポケットチェンジというサービスなのです。

ちなみにほとんどの両替所で硬貨の両替をしていないのは、硬貨は紙幣に比べて価値が低い割に重量があるため、業者の換金効率が低いためといわれています。

例:
アメリカ1ドル紙幣 1枚: 1g
アメリカ1セント(0.01ドル)硬貨 1枚: 2.5g
・100ドルの重さ
アメリカ1ドル紙幣 100枚: 100g
アメリカ1セント(0.01ドル)硬貨 10,000枚: 25000g = 2.5kg

もし100ドルを1ドル紙幣で運ぼうとすると100gで済むところが、1セント硬貨で運ぼうとすると2.5kgもの重さがあります。

話が脱線してしまいましたね…笑
続いてポケットチェンジの使い方についてご紹介します。

ポケットチェンジの使い方・両替方法

それではポケットチェンジの使用方法をご紹介します。

端末のスタートボタンを押す

下にある「スタート」ボタンを押します。

交換先サービスの選択

交通系ICカード・楽天Edy・Amazonギフトなどの交換先サービスを選択します。

注意事項を確認する

僕は今回Suicaにチャージしようと思いましたので、それを選択したところ上の注意事項が表示されました。
「1回のチャージ上限金額が1万円でそれを超えると寄付になる」らしいです。

コイン・紙幣を投入する

交換したい外貨のコイン・紙幣を投入します。
様々な国の通貨を自動判別するそうなので、国ごとに1回ずつ操作する必要がありません。

なお、10,000ウォンを入れてみたらこのような表示が。
「紙幣は一度投入すると返却できません」だそうです…。

投入した通貨の明細・受取金額を確認し、クーポンコードを入力する

明細が表示されるので「確定」を押してもいいのですが、このページを見ながら端末を操作している方・操作する予定がある方は「クーポンをお持ちの方」を押しましょう。

ここでクーポンコードの

9975813

を入力すると、優遇レートで換金することができます。

Suicaをタッチする

Suicaを青く光っている部分にタッチします。

レシートを受け取る

処理が無事に終わるとレシートが出てきますので受け取って取引終了です。

手数料は高い?・レートは?

  • 手数料: 無料
  • レート: 変動制

交換レートは、交換する時刻の為替レートを元にして計算されます。交換先サービス、投入通貨種(金種)、設置場所、キャンペーンなどによっても変わりますので、是非、現地の端末にてご確認ください。

ポケットチェンジ公式サイト: https://www.pocket-change.jp/ja/accept-currencies/

とありますので、レートは現地に行かないとわからないみたいですね。

ちなみに現地の端末で確認したところこのようなレートでした。
紙幣も硬貨もレートが変わらないのは嬉しいですね。

韓国で円に両替するよりもレートが良かった

ちなみに実際にポケットチェンジで39,200ウォンを円に換えたところ、
韓国の仁川空港の銀行では【3,000円】に両替すると言われました。
それがポケットチェンジでは 2,388 + 818 = 【3,206円】分(上のレシート画像参照)をSuicaにチャージすることができました。

この条件で10万ウォンを円に両替するとすると、
韓国・仁川国際空港の銀行: 約7,653円
ポケットチェンジ: 約8,178円
となり、

韓国より日本で両替したほうが【525円お得】になってしまいました。

繰り返しになりますが下のクーポンコードを使うことで、さらにお得に両替ができます。
クーポンコードの入力方法は上でご紹介しています。

↓レートが良くなる優遇クーポンコードはこちら!↓

9975813

対応通貨

  • お札・コイン対応通貨
    • 米ドル
    • ユーロ
    • 中国元
    • 韓国ウォン
    • 日本円
  • お札のみ対応通貨
    • 香港ドル
    • タイバーツ
    • 台湾ドル
    • シンガポールドル
    • ベトナムドン

個人的にはイギリスポンド・オーストラリアドル・カナダドルが無いのが意外です。
需要が少ないのでしょうか。
「対応通貨は続々追加を予定しております」との公式サイトのアナウンスがありますので、今後に期待ですね。

交換先

  • 交通系電子マネー
  • 楽天Edy
  • App Store & iTunes ギフトカード
  • Amazonギフト券
  • WAON
  • nanaco

設置場所

上の地図のアイコンをクリックしていただけると設置場所の詳細な情報が確認できます。

  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 中部国際空港 (セントレア)
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

などの主要空港をはじめ、駅の近くにも設置されています。

まとめ

なんと現地で両替するよりも日本のポケットチェンジで両替したほうがお得になってしまいました。
現地では何かとバタバタしてしまうことも多いと思いますので、対応電子マネーやサービスをよく使う方はポケットチェンジを利用してみるのはいかがでしょうか。